08.01.29 和諧号1と2
和諧号1の先頭車
ボンバルディアの先頭部分。ボンバルディアは高知空港で車輪が出なかったあの旅客機も作っている会社です。
 この前の訪中時、所用あり上海ー常州を和諧号で往復しました。和諧号といっても1.カナダ・ボンバルディア製。2.が日本の「はやて」型。異なるタイプが走っています。1等と2等があります。私は往復とも2等に乗りました。
和諧号1の乗降口
 行きはボンバルでした。

(左)乗降口が車両の3分の1位の所にある。どうしてかな?
(右)室内。全体に薄手な感じがする。走行中微細な振動を感じる。
和諧号1の室内(2等)

 帰りは日本.「はやて」型。乗り心地がハッキリ違います。
和諧号2の先頭車
(左)和諧号2「はやて」型の先頭。
(右)室内。造りが重厚です。振動もカナダ製より少ない。シート背面に全車両の案内図があり、また、シートトップの端に取っ手がある。おそらく座席を回転させるときの握りでしょう。
和諧号2の室内(2等)

2の先頭車同士の連結
(左)先頭車両同士の連結部分。少し不細工です。
(右)荷物棚の上に鏡を貼ってある。忘れ物防止のため。やはり日本人のすることはきめが細かい。
2の荷物棚。
 彼らはボンバルディアはカナダ製とハッキリ公表しているが、「はやて」型は中国自主開発と言っている。正直に日本製と言うと、民衆が石を投げるとでも思っているのだろうか。


 世田谷の村瀬さんからコメントをいただきました。

 そうですか、上海〜南京にもCRH1が入ってますか…。以前(と言っても去年末まで)は全て2の「はやて」車輌だったのに。上海南〜杭州〜義烏方面も、はじめは2ばかりだったのが今では1ばかりになってしまい、がっかりしています。どんな車輌運用なのか?

 おっしゃるとおり、全然違いますね。日本の車輌は素晴らしい。乗り心地、静粛性、居住性、全てにおいて「はやて」型が断然勝っています。

 ボンバルのほうは座席が固定で回転しない、クッションが硬い、座席の位置が(欧米人仕様か)高く落ち着かない(人が多いのでは?)、リクライニング角度が小さいなどなど、居住性が悪い。台車のバネが硬く車体が軽いのかビビリ振動も大きい。

 でも、詳しいことは知りませんが、「はやて」型は値段が高く「経済性」において他国の車輌に劣っているのかも…どうなのでしょう? 車内を一見して1は「安そう」、2は「高級そう」に見えるのですが…。

 この素晴らしいCRH2「はやて」型を、「純国産車輌」と言いふらす中国の神経には、日頃温厚な私も(?)さすがに腹が立ちます。

あ、いかんいかん。日中友好万歳。


 世田谷の村瀬さん 今日は。古代人@湘南です。

 私、実際に乗るまでは殆ど予備知識が無かったんです。上海−南京線にボンバル、はやて型のどちらが走っているかとか、性能差の有無とか。ですから「こんなに違うのか」という驚きが大きかったですね。

 そうなんですよ。ビリビリ、ビリビリ・・・という細動。私素人ですが、壁材のはめ込み具合かな?と思いました。はやて型は旅客機の側壁のように窓枠なしで壁が一体ですよね。モノコック構造、甲殻構造というんですか? ボンバルは窓枠があり、その外縁に壁材が張ってある。或いは壁材の中に窓枠を嵌めてあるということでしょうか。固定方法が接着剤かビス止めか分かりませんが、薄手の板の貼り合わせは甲殻型より震動し易いのではないでしょうか。

 経済性。ウーン、分かりません。多少は高いのかなぁ? でも大量に作ればコストは下がりますよね。それより、ボンバルは工夫が足りないというのか、顧客本位の精神に欠ける所があると感じましたね。窓枠の下縁、水平面がエアコンの吹き出し口になっている。私が乗っている間は無かったですが、あそこから強い風が吹き出したらマトモに顔に当たります。男でも嫌だろうし、肌が敏感な女性はもっと嫌だろうと思いました。

 ハルピンの方の路線では和諧号5(フランス)が走るのだとか。長春で作るんだそうです。

>純国産と言い触らす・・・。 
 私も同感なんですが、そんべんさんのご意見では、「みんな本当は日本製と知っているんじゃありませんか」ということでした。

古代人@湘南さん、こんにちは。世田谷の村瀬です。

 多分そんな感じの構造でしょう。振動しやすい=壊れやすい、ということもあるのでしょう、新車なのにあちこちの不具合が目立ちます。特に座席のリクライニング。この車輌、もうここ1年で10回以上乗っていますが、テーブルが出ない、座席が倒れない(または勝手に倒れる)などの不具合に何度も当たりました。「はやて」型も10回以上乗っていますが、不具合は皆無です。

>みんな日本製と知っている・・・。
 う〜ん、どうでしょう。私の周りでは知らない人が多く、あるところで高速列車の話題になった時、「どうだ、日本の新幹線と同じだろう!もう日本の技術に負けないぞ!」などと言われたこともあります。

 私の個人的な意見ですが、日本が世界に誇れる最も優れた工業製品は新幹線である! と昔から思っています。(鉄道が好きなものですから^_^;)

 車輌の技術はもちろん、線路や信号、乗務員や係員の教育を含む運行システム全体の完成度が高く、いつ乗っても感動を禁じえません。ということで、知らない中国人には「この車輌は日本の・・・」と詳しく説明することにしています。

TOP  前頁 NEXT