08.01.16 北 京 今回何故北京に行ったか。旅行のプランを立てるとき、偶々井上@上海さんに「北京のマンションが空いているから自由に使っていいよ」と言われた。それに魅かれたんです。宿代が浮いて助かると考えた。貧乏人根性ですねぇ。

 で、そのマンション(陽光広場)をお借りしたのかと言うと左に非ず。ユースホステルに泊まった。何故か。その陽光広場なる所はオリンピック選手村に予定されている殆ど郊外と言ってもいい所。都心に遊びに出るのは遠い。上海でネットでユースホステルを探してみたら王府井にある。こちらの方がずっと便利だなぁと、土壇場で計画を変更した。でも同じ変更するなら例えば海南島に行くとか、行き先を変更すべきでした。何も寒い時期に寒い北方に行くことはなかった。我ながら馬鹿だと後悔しました。 
万里路ユースホステル−1
 北京駅から20分。トコトコ歩いて行きました。
(写真左)万里路連鎖王府井青年旅舎。ドミで1泊60元。会員になると50元。
(写真右)真ん中上部を見て下さい。台湾ホテルの真裏。前は西堂子胡同。
万里路ユースホステル−2
 建物は3階建。かなり大きい。ドミも割り当てられた部屋は1室にシングルベッド三つで息苦しくない。部屋もトイレ、シャワーも清潔。私には十分でした。ただ一つ問題が。ネット接続が無線ラン。私のPCでは接続が出来ない。これは予想外だった。こういう思いがけない突出があるから中国は侮れない。

四合院造りの餐庁中庭
北京在住のMLメンバーとオフ会。

(写真左)四合院を改造したレストラン。これは中庭です。
(写真右)料理。なかなかおいしかった。名前は忘れました。

 下はお仲間「そんべんさん」のMLへの投稿です。
花家怡園の料理
  
 MLの皆さん。こんにちは。そんべん@酒仙路です。

 昨日、古代人さんをお迎えしてのオフ会は「花家怡園」において開催されました。参加者は古代人さん、由美子さん、由美子さんのお友達、日本からお戻りになられたばかりのHOMMAさんと私を含めて5名でした。

 昨日は旧暦の12月8日に当たりお釈迦さまが悟りを開いた日とされおかゆ(腊八粥と言います)を食べる習慣があります。 スーパーではお粥の材料がいっぱい売られていたようです。

 しかしこのお店いつ来ても満員ですね。ただ服務員の態度は笑みを浮かべて愛想は良いんですが、生ビールを頼んでもなかなか出てこない。

 前回もいや毎回そうなんですが何回も催促して20分ほど経ってやっと出てくるという状況です。料理、ビール自体はうまいんですが、何とかならんかなと思う次第です。

 古代人さんは本日も引き続いて市内観光の後、夜行列車で大連へ移動された後上海へ戻られるようです。

雍和宮
 気温は零下8度。観光ポイントはオリンピックを控え、どこも修理やら取り壊し中(前門など)で殆ど見るところ無し。中山公園と雍和宮を見ただけ。たった1泊で北京を後にしました。

(写真左)雍和宮。チベット仏教黄帽派の寺院だそうです。1694年創建。中国の寺院はどこも似たりよったり。特にどうと言うことありません。
 
TOP  前頁 NEXT