05.05.13 Hamilton
レンタカー
 AucklandからWellingtonまで乗ったニッサン・パルサー。燃費も乗り心地もいい車でした。ただ、ワイパーとライトのバーが左右反対。これには困った。
 一夜明けて13日。晴れ。08:45.室内で20.8度。湿度76%。

 今日からレンタカーです。日本でHertsに予約しておいた。荷物が多いし場所も分からない。Hertsの営業所までタクシー。YHAフロントに「タクシー頼める?」と聞いたら即電話してくれて、程なくバンがやって来たのには驚いた。幾ら荷物が多いと言ったって、小型車で十分間に合うのに。でもそんなに遠くなかった。料金僅か6$で済みました。

 営業所。ビシッとスーツを着た若いお兄ちゃん。名前を言ったら「OK」と後ろの棚から契約書を取り出す。何やら言うんだけど早口で分からん。「ゆっくり話せ」と注文したら何と日本語に。要するに「保険をフルカバーしますか?」ということ。フルカバーすると1日20$余計に掛かる。家内が「安心料だから」と言うのでそうしたけれど、これはどうだったか。今回の旅行で一番掛かったのはこのレンタカー費用でした。日本語をどこで覚えたの? 「高校で」。日本語のクラスがあるようですね。「僕ショーン。そう、ショーン・コネリーの」。彼が日本で有名ということよく知っていました。

貨物列車
 Highwayに入りHamiltonに向かいます。忽ち3車線が1車線の道になり周囲は田園風景に。パラパラと雨滴。またすぐ晴れる。変な天候です。左写真。北島でたった1本の鉄路。Aucklandと首都Wellingtonを結んでいます。右写真。線路と道路の両脇は馬、牛、羊の牧場です。
牧場

 2時間走って未だHamiltonが現れない。おかしい。距離は僅か125kmなのに。路傍のCoffee Shopに寄った。コーヒー飲みながら隣のおっちゃんに道を聞いた。「この道をまっすぐ20分」と言う。何と通り過ぎて来たんだ。道は国道1号線。迷うわけないと思っていましたが、この1号線はHamiltonの街中を通っていないのです。By pass している。そして市街に高層ビルが無いからそれとは気が付かない。これでNZで4番目の街だそうですが・・・。

 とって返して目指すHamiltonの街に入りましたが、さぁ今度はどこにInformation Centerがあるのか分からない。ガイドブックに街の地図はあります。しかし、地図ってものは、現在位置が分からないと役に立たない。街はペタッとしていて目立つ物がないから、一体全体今どこにいるのか分からない。仕方がないから通行人に聞いた。若いアベックでした。こちらの言うことは理解した。けれどもどう説明していいか分からないらしく苦悶の態。気の毒になって「もういいよ」と。彼らが指さしていた方に向かう。

 あっちかこっちかと走っているうちに、街角に「 i 」(筆記体)の指示板が。やっと辿り着きました。MAX80$、2 bed、with bath、quiet などなどと注文。78$のモーテルを紹介された。行ってみて気に入ったのでそこに投宿。経営者は韓国人で日本語が話せました。なんでNZに来たのかと聞いたら、「娘の教育」という答えでした。

 未だ日が高い。再びInformation Centerにとって返し、「何かすることはないか?」。「River cruiseがあるよ」。電話してくれて「今行けば間に合うよ」。1人20$。金払って飛んで行きました。なーに間に合うも何も、客は私たちしかいない。貸し切りです。

クルーズ船
左写真。クルーズ船。外輪船でした。
 
右写真。
ワイトモ川。水量豊か。
ワイトモ川に掛かる橋

散歩する人
左写真。両岸の風景は息を呑むばかり。とにかく美しい。

右写真。こういう家に住みたいものだ。
川岸の家

船長
左写真。船長は操船しながらマイクでいろいろ説明をする。客がたった2人では張り合いがないのか、横座りです。せっかくの説明もこちらhearingがダメ。「この橋は○○年に・・・」くらいしか聞き取れない。
右写真。クルーズ乗り場脇の公園。これはSpitfireだったかな。第二次大戦時英国空軍の戦闘機です。
戦闘機

 クルーズは1時間で終わり。今度は何しようか? ガイドブックに北島唯一のモルモン教会があると書いてある。そこ行こう。ところがこれがまたどこなのか分からない。ガイドブックの地図からはみ出た所なんです。探し探してやっと辿り着いた時、時計は既に午後7時を回っていました。

教会前の碑
左写真。教会前の碑です。向こうの野原を見てください。大きな街の郊外なのに、こんなに広々としています。
右写真。やはり教会としては一寸変わった建物ですね。中に入ったら、90歳くらいのおじいさんが説明してくれました。東京に行ったことがあると言っていました。
モルモン教会

 夜は繁華街の鉄板焼き屋へ。ビュッフェ形式で食べ放題ですが、あまりおいしくなかった。1人22$。子供連れ、若者で一杯でした。店員に「近くにnet cafeあるか」と聞いたら「裏にある」と、忙しいのにわざわざ連れて行ってくれた。ここの人たちは親切です。

 家内をモーテルに置いてさっきのNet Cafeへ。韓国人の経営です。持参した自分のパソコンをつないでみたが動きません。先ほどここのマスターに確認しておいた。大丈夫だと言っていたからパソコン持って来たのに。係の女の子が何か言う。これもやはり韓国人。早口で分からないから紙に書かせた。「We need a small thing to connect this laptop to the computer but jags is not prepared]。Internetにつなぐのには、何かが必要ということですね。すると先刻のマスターの「No problem」は一体何なんだ。肝心のマスターは食事に出ていて居ないと。何もできなかったのに、シッカリ2$取られました。
 TOP  前頁 NEXT