06.06.09〜13 旅の終わり
空港シャトル
クライストチャーチ空港

 9日の11:15。空港シャトルに迎えに来て貰う。この空港シャトルというのは大聖堂広場から空港へ1時間毎に出ているミニバスです。7日だったか8日だったかの散歩中に見付けた。幾らか聞いたら10$。安い。ただ、YHAから荷物を持って広場まで来るのはきつい。そこでYHAまで迎えに来てくれるかと聞いてみた。OKだが5$プラスだと。トータル15$なら御の字です。離陸は13:35ですから本当は12時に来て貰いたい。だがその時間の運行は無い。止むを得ず11時を選んで契約成立。

 これは会社経営だと思っていた。だから漠然と、別の人が来ると思っていた。ところが同じ女性が運転して来た。
(上左写真)。知的な美人です。運転手が知的じゃいけないということはないけれど、何かそぐわない。空港に着いて料金を払うとき、どうして運転手をしているか聞いてみました。「これは私と主人がやっているビジネスです」。なるほど。個人の経営か。だからお昼は運行しないのですね。

 NZ524便はオークランドが濃霧のため出発が遅れ1時間のDelay。我々は2時間前に空港に入りましたから、都合3時間待った。ウンザリしました。
(上右写真)。退屈凌ぎに撮った写真。短距離用のプロペラ機ですね。何処の飛行機かな?

 オークランドでは市内のキウイ・インタナショナル ホテルに投宿。「歩き方」で選び、クライストチャーチから電話で予約しておいた。ここを選んだ理由は先達Sさんに「空港までの送迎がある」と聞いていたから。ところがオークランドに着いて空港から電話したら「送迎はやっていない」と言う。後で分かったこと。Sさんが泊まったそれは空港近くのキウイ・インタナショナル ロッジ。ホテルとロッジの違い。結局、空港との往復は自前で処理。いろいろあるものです。ここは3泊で240$。

 既に何回も書きましたように、全体の日程作りが疎漏であったため、日にちが余りました。オークランドに丸々2日いましたけれど、特にこれといったことはせず仕舞い。強いて言えば1日がオークランド博物館見学、1日がお土産漁りでした。いつものことですが、家内がお土産を探す熱意たるや大変なもの。男には理解し難い。

馬車−1
(左写真)。目抜き通りQueen Stで見掛けた馬車。どこかのホテルのお客様サービス用らしい。

(右写真)。どこのおばさんでしょう?
馬車−2

バス運転手席
(左写真)。博物館へ行ったときのバス。我々が「ここだ」と降りようとしたとき、運転手が「ここは遠いよ。近くの停留所で降ろして上げるから待ちなさい」と、とても親切にしてくれました。左の小箱に小銭が入っている。

(右写真)。博物館正面玄関から港方向を見る。
オークランド博物館

オークランド空港内
(左写真)。13日早朝。オークランド空港内の寿司や。私は葉山の住民。「何で葉山」なの?」と聞いてみたかった。

 離陸後2時間。フト窓の外を見るとコバルトブルーの海に濃緑の島。息を呑む美しさ。ソロモン群島のどこかの島。かつて日米両軍が死闘を繰り広げた海域。海底には今なお我が艦艇、戦闘機の残骸、将兵の遺骨が残っている。その上空を何もせずに通過する。申し訳ないような、一種名状しがたい感懐に囚われました。

<旅のまとめ>
 Mt.Cookなど山中は雪。時期が1ヶ月遅かったです。飛行機の運賃を見て5月の連休明けを選んだのですが、多少運賃が高くても、遅くとも連休前に出掛けるべきでした。安物買いの銭失いを地で行った感あり。

 私は貧乏性で、例えば山の中で景色を眺めて一日ボンヤリしている・・・というようなことができない。どちらかと言えば人間や人間の営み、つまり社会現象に興味を感じる方です。だから田舎より都会の方が好き。ということで、NZは自然タップリ都会は少い国ですから、1ヶ月強の日程は長過ぎました。3週間くらいが適当だったろうと思います。

<経費概算>   
 宿泊費   2,014         レンタカー   2,605       航空運賃 87,000円×2
 Activity   1,123         ガソリン      407              =174,000
 食費     1,468         (小計)     8,706($)
 その他   1,089         邦貨     705,000(円)   (合計)   879,000円

 (注)1.自宅→成田の往復とかその他忘れてしまった細かな費用もありますから、大きく言うとトー
      タルで90万円くらい掛かったのではないかと思います。
    2.レンタカー費の中にフルカバーの任意保険料500$が入っています。邦貨にして約4万円
      です。これは掛けなくてもよかったのでは? という気がしています。
 TOP  前頁