上師大にて  2000年2月から2001年7月までの1年半、上海師範大学外国語学院で日本語を教えました。既に江蘇省J市で中国の洗礼は受けていましたが、ここでも驚くことの連続。まるでビックリ箱の中で過ごしたような1年半でした。しかし、上海の街は面白かったです。
  
              2004.08.31 厦門にて 

 

 TOPへ戻る
<目次>
 1. 赴任の経緯  2. 宿舎・外賓楼  3. 教室とクラス  4. 専科・教課・専家
 5. 授業をしてみると-1  6 M先生の話  7 Daily life  8. 授業をしてみると-2
 9. 授業をしてみると-3 10. 学級委員・図書館 11. 招待されて空振り 12. English teachers
13. 学生の関心事 14. 家内の来海 15. 中国人の先生達 16. 語学留学生
17. 給料未払い問題 18. 契約問題 19. 学生食堂 20. 学生にお説教
21. オムニバス 22. 日本語の相場 23. 留学生募集 24. カンニング-1
25. カンニング-2 26. 採点・不及格 27. 卒業式 28. 井上さんと徐家匯
29. 軍事訓練 30. 天井が落ちた 31. 新本科生 32. 信じられないこと
33. 互相 (Hu Xiang) 34. 上海交通大学 35. 出鱈目と気楽さ 36. 上海の面白さ
37. 大学対抗弁論大会 38. 組織として見た場合 39. 研究生Saさん 40. 二年目の学生達
41. 主任の交替 42. 人治の弊害 43. 日本人は狙われる 44. 教育か営利か

   <上師大  CAMPUS MAP >