01.06.28  九寨溝-3
土地の人
マニ車と頭陀袋を持っている土地の人。ペットボトルや空き缶を集めていたような気がします。
 
右谷
 今このページは厦門で作っています。地図などの資料は日本の留守宅に置いてあるので、細かい正確な説明ができません。

 この谷は真ん中辺で二つに別れます。この池は確か(下から見て)右谷の奥の池だったと思います。
記念撮影
 これは確か左谷の一番奥の方。ここから歩いては戻れません。
 谷が二股になっている辺りに食堂や売店があります。そこの食堂しか食事するところはない。やむなくそこでお昼を食べましたが、値段は一人前。しかし、お味はもうひどいもので、一口二口しか口に入らなかった。煎餅とか、何か腹持ちするものを持参しないと辛いことになります。
 右谷の滝。写真集によく出ている。この辺りはずっと細い道を歩くようになっています。道には石を敷き詰めるとか歩き易いように配慮がされていますが、例えばリーボックとか、それなりの靴を履いていかれることをお勧めします。
滝
 これはかなり下の方。ゲートまでこうして歩いて戻ります。
帰り道
 これも下の方でした。この辺の普通の家はこのように屋根に石を置いてあります。

 私達のツァーの場合、ゲートへ戻ってくる時間を決めて、その時間にバスが迎えに来るという運びでした。でも、ゲートからホテルまで1から2km程度です。その気になれば歩いて帰れます。
下の橋
TOP  前頁 NEXT