2003:06:13  上海着     

掲示1
長途汽車站に張ってあった掲示です。
消毒済
この店はコンビニですが、あらゆる所にこういう札が貼ってありました。

 このときパソコンのキーボードがおかしくなり、あにやん@岡山さんに助けていただきました。こういうときMLの素晴らしさを痛感します。感謝の意を込めて、「あにやん」のアドバイス投稿を下に添えさせていただきました。


 古代人@ただいま上海です。

 NW85便は20:40上海着。10分の遅れ。機材はA320SR。定員150人位かな? 25,000円のdiscountが奏効したのでしょうか満席でした。客の半分以上中国人みたいでした。アナウンスは英語と中国語だけで、日本語はなし。

 boardingbridgeに着いたところで白衣の検疫係が機内に入って来て乗客全員の検温。乗客各人の申告書に検温結果を書きこみます。私は36度でした。幸い全員異常なく解放されて、検疫所に申告書を提出。後は普通のコース。イミグレも税関も空いていました。

 この検温に30分は掛りましたね。もし発熱者がいたらどうなるのか? 隔離なのか追い返されるのか? そんな目に会いたくはないが、どう処置するのか見たいところです。

 検疫所や入管、税関の係官はマスクをしていましたが、その他の職員、乗客はしていません。稀にしている人もいましたが、それは大抵白人でした。

 空港bus5線で上海火車站へ。いつも人で一杯の駅前がガラガラでした。10;45井上@上海さんに予約をお願いしてあった定宿の恒豊路長途汽車站上の海杰大酒店着。

 一夜明けて、朝食取りにいつもの長途汽車站内の小吃店へ行きましたところ、クローズになっていました。長途汽車站でも乗客の検温をやっていました。あと、厦門行きの航空券を買おうとしましたら、どこの代理店も全くdiscountなし。なぜか分かりませんが、これもSARSの影響では。

 とりあえず第1信です。なお、携行したPCのキーボードが変調を来し、カナ入力できません。これは井上@上海さんのPCをお借りして打っています 。


 あにやん@岡山です。
古代人さん、お困りのようですね。


>  PCをcarry bagに入れてガラガラ引っ張って来たせいか、キーボードがおかしく
> なりました。ひらがな入力でもローマ字入力でも一部が「かな」になりません。
> 例えば、「や」が「7」に、「い」が「5」になります。どうやってもダメです


それは、ノートパソコンでしょう?
NumLockがonになっていると思われますので、右上にある NumLk キーを押して、[1]といった数字入力用のテンキーモードを示すLEDが消灯するようにしてみてください。

以下の場合は、故障と思われます。
・テンキーモードが解除されない。
・テンキーモードのLEDが点灯していないのに数字しか入力できない


 古代人です。あにやん@岡山さんのお陰で入力出来るようになりましたので、上海便りを続けます。

 今日は地下鉄に3回、バスに2回乗り、准海中路を歩き、夜は避風塘で食事しました。気が付いたことを簡単に報告します。

 街中も乗り物の中も人が少ない。控えめに見ても、SARS以前の常態の70%くらい。夜9時前の地下鉄なんか、以前の50%くらいですね。

 街中、地下鉄の駅などでタンクしょった人がそこら辺を消毒して歩いています。

  上海近郊の大学で働いている知人に電話しましたら、ずっと外出禁止で気が狂いそうだとのこと。最上級生が何かの関係でまだ学内に残っている為、学生、教師共に禁足されている。例えば帰国するとか、外国旅行などで来学期まで帰って来ないならいいのだけれど、日帰りなどで帰ってこられると菌をしょって来る恐れがあるから・・という考えのようです。

 それやこれやで人出が少ないんですね。

 避風塘の従業員は全員マスクをしていました。お客に安心感を与える為と思われます。

 取りあえず今日はそんなところです。
TOP 前頁 NEXT