10.03.03 バザール・人と家畜
 日本ではこのように洟を垂らした子を見なくなって久しい。何だか懐かしい感じがしました。
 まず家畜。匂いとか埃が立つなどの理由からか、家畜市場は区画が別になっています。

1.羊。お尻に脂肪が溜まる。だから大尻がよいのだそう。2.雛。3.ロバ。未だ重要な運搬具のようです。4.子牛。 流石に豚はいなかった。
 人々は写真を撮られるのを嫌がらない。中には俺を撮れと言う人もいる。撮るとどう写ったか覗きにくる。大抵「好」と親指を立てる。
 1.この親父も向こうから「撮れ」と言ってきた。手に持っているのはサムサ。その作り方は→2.肉と脂身を細切れにする。3.それを小麦粉の薄皮で包む。4.熱した竈で焼く。
(左)露天の床屋です。如何にも気持ちよさそう。

(右)穴の空いた靴の修理。見ていたら古タイヤを切って当てがっていた。

(左)向こうの男がこの爺さんを撮ってくれと言う。撮ったら送ってくれと言う。それは断った。向こうは漢字が分からない。こっちはアラビア文字が分からない。 アラビア語でアドレス書かれてもどうしようもないではないか。
(右)帽子。模様で部族などが分かるらしい。
ウイグルの帽子
糸屋
(左)糸。新疆は綿花の産地です。

(右)染料。
染料
  まぁしかし美人が多いこと。特に若い女性にはハリウッドの女優なんかメじゃないと言っても過言ではない美女がいる。若いときに此処へ来ていたら大変だっただろうな、無事では帰れなかったかもしれんなと思うことしきり。 
品定めの親子
(左)母と娘か。品定めをしています。

(右)初めこの女性は母親かと思いましたが、顔が真っ赤になった。可憐な娘。多分この子達の姉か叔母でしょう。
可憐な娘
写真嫌いの美人
氷水屋で美人を見かけたので追いかけて行って撮ったら怒られました。いつも追いかけられるのでカメラ嫌悪症になったんじゃないか。そんな気がしました。
TOP  前頁 NEXT