06.04.18 車と飼い犬
マンションの駐車場
もう9時過ぎなので出て行った車もある。夜間は満杯です。

皆さん 今日は。昨日から暖かくなりました。並木の新緑が目に鮮やかです。

 5年ぶりに上海に戻って感じた大きな変化。色々あります。既に書きましたように水質が悪くなった。空気も石炭の匂いこそしなくなりましたが、車の排気ガスが凄い。まだ黒煙を噴き上げて走るジーゼル車をよく見かけます。昨日私が乗ったバスなんか、自車の排気ガスが車内に洩れてくる。ハンカチで鼻を覆って我慢しました。もう10分乗ってたら卒倒したかも知れない。

 上海は経済成長著しい。人も車も増えて当然。増えたと同時に中身というのか、質も大きく変わりましたね。以前はベンツやトヨタはタマにしか見なかった。今は珍しくも何ともない。私の住んでいる花園の駐車場にはアウディもBMWもプジョーも、見たこと無い変わったスポーツカーもあります。
 
マツダ車
 日本車も一通り揃っている。中に横っ腹に「古惑{イ子}疾風・再び」とペンキ書きしたマツダ車がある。何のことか分からない。井上@打浦橋さんの調べによると、香港映画の何からしい。何かって聞いたけど忘れちゃいました。

 もう一つ大きな変化。犬です。上師大にいたとき、朝晩チンを散歩させている老人によく出会った。その老人(と言っても私より多分若い)の顔がチンにそっくりだったのがおかしくて、今でもその顔を鮮明に覚えています。兎に角当時、見かける飼い犬は大体チンだった。脱線しますが、チンって「チャイナ」から来ているんですよね。それとも「清」からかな?

 ところが今度こちらに来てから見かける犬。これが様変わり。ウチの近所ではまだ一度もチンは見ていない。
お化粧した犬
 私は犬の名前よく知らないので言えないのですが、だいたい日本なら室内で飼われている愛玩犬が多い。まぁ住まいは大抵マンションですから自然にそうなるのでしょう。
アーイーが散歩させる
 ただ一度だけゴールデンリトリバーって言うんですか、大型犬を連れている青年を見たことがあります。ともあれお化粧やらチャンチャンコやらでお洒落している犬を見ると、理屈抜きで上海は豊かになったんだと実感します。上海の一部だけかも知れませんけれど。

 ただ・・・ですね。税金はどうなっているのか。5年前上海を引き揚げた直後かに、香港から出ていたメールニュースで「税務当局が申告無しで犬を飼っている者の摘発に密告を奨励したら、報奨金欲しさに密告が相次ぎ・・・結果として1千頭(だか2千頭だか)の犬が捕獲され非常に効果が上がった」という記事を見ました。
放し飼いの犬
 当時、犬は税金を払わないと飼えなかったのです。そして、密告で愛犬を連れ去られた人が「30年来の隣人に密告されて人間が信用できなくなったと嘆いている」・・・とありました。ウンウン分かる分かる。
チワワ犬

 更に続報があり、上海の成功を見て北京市政府もこれを真似たとのこと。日頃仲が悪いのに、こういうことはすぐ見習うんですね。そういうことで私、愛玩犬を見るたびに「犬税は?」と思います。それこそ余計なお世話でしょうが。
TOP  前頁 NEXT