06.06.23 冷蔵庫に蝿
スーパー楽購
このスーパーは蘆湾区体育館の1階部分に入っている。台湾系という話です。

 猛暑襲来。この2、3日、おそらく30度を超している。昨日はバス停で例の臍出し脛出しルックを見ました。短パンに皮靴履いて、シャツの前面全開放。若い女性の臍出しは結構だけれど、オヤジのそれはおぞましい。見た途端、暑さが2倍になった。国際都市目指すのなら、信号守れ運動も結構だけれど、ついでにこういうのも取り締ったらどうなんだ! 全くもう・・・。

 今日は朝から機嫌が悪いのです。原因は色々。まず、ジム。入ったら涼しい。エアコンが入ってらぁ。結構じゃないか。ところが・・・、ですね。いざ運動始めたら、こちらの方には空調はなし。珍しく窓が閉まっていてムシムシする。アッという間に汗だくに。受付にクレーム付けようかと思った。けれども周りの連中は黙々と運動している。考えてみればジムに何しに行くの? 汗流しに行く。汗かいて「暑い」と文句言う方がおかしいんじゃないか・・と自問自答。それで我慢しちゃった。でも、ですね。受付の所だけ涼しくするというのはこれは本末転倒じゃないか。客を一体何だと思っとる!

 ジムを出た所で、「スーパーに寄って行こうかそれとも帰ろうか」と暫し立ち思案。いきなり足を踏んづけられた。何かと思ったら、目の前を通り過ぎた爺さんが引っ張るキャリーカート。これがオレ様の足を轢きやがった。おのれっ。思わず「おいッ!」と怒鳴ってしまった。こういうときは日本語です。そもそも私、こういう場合漢語で何と言うのか知らないもんね。爺いは振り返って怪訝な顔。そのまま行ってしまった。人の足踏んだなんて気が付いていないんです。全くもうやり切れん。どうなってるんだろうねぇ、この国は。

 結局、ビールを買いにスーパーへ。棚を見回したら、アサヒが促商(いわゆる販促)とやらで1本3元と安い。これ1箱買おう。ところが近くに店員が居ない。暫く立っていると、首から名札ぶら下げてるのが来た。これ1箱くれ。あたしや担当じゃないよ。これが2回。3番目の奴は「分かった。等一下」と返事は良かったが、どこかへ行ったっきり5分待っても現れない。また空振り。

 しょうがないからレジの方へ。名札下げたのが3人も固まってしゃべっている。こいつらに言った。そしたら一人が「棚のを持ってけ」って言いやがる。これくらいは私も分かるんです。「1箱だ」と言い返す。バラじゃ持てませんからね。やっと、中の格上らしいのが「お前行け」という風に背中を押した。押されたのが渋々奥に消え、倉庫から持って来ました。こいつら本当に売る気があるんだろうか?
 
 今度はレジの小姐。カートに載せたまま「これだけだ」と言ったら白い目で睨む。私が品物を台の上に載せないのが気に入らないのでしょう。仏頂面して箱を開き、1本取り出してレジに掛ける。勘定済ましても箱の蓋は開けっ放し。これじゃ瓶が落ちるぞ。そう言ったら「あっちで言え」と顎をしゃくる。出口にガムテープ貼る係がいるんですね。私から見れば、こんなやくざなスーパーにどうして客が来るんだろう?。不思議。しかし、こちらの人にとってはこれが普通であって、もしも日本みたいに丁寧にされたら却って気持ちが悪いのかも知れない。

 さて極め付き。タクシーに乗ってビールを持ち帰り、冷蔵庫に入れようと扉を開けたら何とハエがいる。何時入り込んだか知らないが、奥の壁に止まっていたから今入ったハエではない。私、自炊しないので冷蔵庫は1日に1回くらいしか開けない。今までも「この冷蔵庫はあまり冷えないな」とは感じていましたがしかし、ハエが中で生きていられるとは・・・。冷やし度を最強にしてあるんですけれどね。SHANGLING。聞いたことないブランドです。

 郷に入らば郷に従え。分かってはいても、言うは易く行うは難し。

 MLのお友達 ChinaARTさんにコメントをいただきました。

 @上菱(ShangLing)は、中国では超有名メーカーです。上海三菱技術合弁です。エアコンもあります。

 でも、習慣的に惰性的に、、、が中国のモットーですから、製品品質や本来の機能までが、受け継がれているとは言い切れません。最近の家電は、日本人技術者が250人採用され、躍起になっている「海信」が良いかもしれませんね。

TOP  前頁 NEXT