06.12.01 准海中路散歩
思南路バス停前
思南路バス停の真ん前。COCO壱番屋が入っているビル。珍しくビル名の表示がない。

 なんか日本風のものを食べたくなって、准海中路のCOCO壱番屋にカレーを食べに行きました。家の近くの避風塘でも職場の近くの餐庁でもカレー飯はある。でも何か違う。日本風じゃない。子供用カレーみたい。スパイスが利いていないのです。

 地鉄1号線陝西南路站から東、黄陂南路站の方へ向かって歩く。688号。入っているのがブランド店ばかりの垢抜けしたビルの2階。
COCO壱番屋
(左)ショーウインドウ。カレー色を基調にして落ち着いた感じ。早くもここで日本を感じる。。今日はウインドウ下右のカレーピラフを食べました。22元。おいしかった。
 普通のカレーで25元くらい。カツカレーが28元。安くはありませんが、場所柄これくらいは仕方がない。座れば冷たい水が出てくるし、カレーの辛さとご飯の盛りの一覧表があって、オーダーのときそれぞれの好みを聞かれます。福神漬もある。中国広しといえども、他にこんなキメ細かなサービスするところはないでしょう。
(右)客室の右半分。左にもこれくらいの席があります。窓の外を見なければ中国を感じません。3時頃という中途半端な時間に行ったので客は一人もいませんでしたが、前にお昼に行ったときは満席だった。若い女性が多かった。勿論中国人です。
客席
テーブルマットの紙
(左)マットの紙。地下鉄路線図があるところを見ると持って帰ってくれと言うことかな? 日本に1000店余と書いてある。私、この店上海で初めて見た。COCO壱番屋って日本では有名なんだろうか。私は知らなかった。
  この辺りは東京で言えば銀座です。以下、その付近の店のご紹介。
 (右)呉越人家第一号店。麺専門店。COCO壱番屋が入っているビルの並びの横丁にある。以前、日本のTVで紹介されたことがあるとか。私、中国の湯の麺はまずいから食べない。しかしここの麺はまぁ食べられる。細麺で、トッピングが別の器で出て来るのが特徴。名前は忘れましたが、おいしい固焼きそばがあります。
呉越人家
実弾射撃場
(左)COCO壱番屋対面の実弾射撃場。軍の演習場ではありませんよ。お金を取って実弾を撃たせる。人民解放軍の経営と聞いています。私が上師大にいたとき既にあった。未だあるところをみると、きっと繁盛しているのでしょう。料金は銃種によって違うのだそうです。コンバットがお好きな方、行ってみられたら如何でしょう。
 (右)実弾射撃場の並びの蒼浪亭。麺と甘い物の店。結構有名な店のようですが私、未だ入ったことがありません。なお、この近くには北京ダックの全聚徳もあります。
蒼浪亭
 この辺りから少し東,黄陂南路站寄りに伊勢丹がある。店員が「いらっしゃいませ」と挨拶して全中国人をビックリさせたという店。でもここはパッとしない。お客より店員の方が多い感じです。距離僅かに50米くらいの差ですが、この50米(地鉄站から遠いこと)が大きいんですね。
 
TOP  前頁 NEXT