05.01.29.  PIZA HATT
コロンス島から廈門本島を見る
コロンス島から輪渡を見る。高層ビルの右から2番目。白いビルの最上階にPIZA HATTがあります。
 最近上海へ行くと、行列が出来ている店がある。PIZA HATTです。上師大にいた頃こんな光景見たことあったかなぁ・・と記憶の底を浚ってみても、トンと思い出せない。イタリアレストランはあちこちにあったけれど、PIZA HATTは殆ど無かったような気がする。ともあれ上海の外食産業の中で今、一番ヒットしているのがPIZA HATTではないか。若者、子供に人気があるようですね。

 そのPIZA HATT。ここ廈門には、私の知る限りたった1軒しかありません。廈門はハイカラな街です。高所得者も多い。でも今のところ、上海のようにPIZA HATTが増殖する気配は無い。一度生徒達と食事したとき「あそこはいいよ」と言ってみました。ところが生徒達は異口同音、「あそこは高過ぎる」と言う。やはりここは上海よりまだまだ田舎。所得レベルも相当低いのでしょう。

 私はよくここを利用しています。そう言うと如何にも私が有銭人みたいですが、そんなことはない。実は私、ガーリックパンとコーヒーで15元のAセットしか頼まない。これは午後2時から5時までのタイムサービス。お客が減る時間の穴埋め策ですね。これ、地元の石材会社通訳の人から教えて貰った。

 ここの良い点は、何しろビルの24階にありますから、とても見晴らしがいいこと。そして中国独特の喧しい話し声が少ない。客質がいいのです。そんなわけで、遠来の客がみえたときやコーヒーが飲みたくなったとき、バスに乗って出掛けます。遙々片道40分もかけて。

店内
(写真左)店の真ん中。客席は窓際に配置されています。BGMはスターダストやドリスデイなどの西方系。
(写真右)コロンス島の東南端。端っこに見えるのは鄭成功の石像。向こうの陸地は大陸。
コロンス島南端

コロンス島中央部
(写真左)コロンス島中央部。山の頂上が日光岩。このときは大干潮でした。

(写真右)コロンス島東北端。こちらは人家が少ない。
コロンス島北端

廈門水道
(写真左)フェリー乗り場(輪渡)と水道。コンテナ船埠頭は右奥の方向。向こうの山は大陸。
(写真右)廈門旧市街。遠からず再開発で消えてしまうでしょう。
旧市街

遊覧船
(写真左)再びコロンス島側からの眺め。左端の白いビルはホリデイ・イン(四星)。こちらでは海景大酒店と言っています。手前の船はコロンス島周回の遊覧船。もしかしたら、小金門島の鼻先まで行くのかもしれません。いずれにせよ、この船の船首方向に金門島があります。
  この店の場所は、廈門旧市街の中心中山路が海にぶつかった所の左角です。反対の右角は廈門最古のホテル鷺江賓館(四星)です。廈門へ行かれたら是非このPIZA HATTにお立ち寄りになりますようお勧めします。

TOP  前頁 NEXT