03.12.13  国際旅遊節
会展中心
 横から見た会展中心。正面から全体を撮るには相当離れないとレンズに入りません。何しろ大きい。
展示物
 会場前の展示。どこかのリフティングと軽飛行機ですね。

 先月下旬、知人から厦門国際旅遊商品博覧会の入場券を貰いました。ここには晴海や幕張のような大きな展覧会場があります。そこでよくこういう催しがある。私は格別興味は無かったのですが知人への義理で、家内はその券に「贈券20元」と印刷されているのでそれに釣られて、一緒に出掛けました。

 会場の会展中心へはバス一本で行ける。バス代たった1元。銀座から晴海までもし都バスに乗ると、今幾らでしょうか。170円かな。中国は交通費が安くていいです。ここは3年くらい前に一度来たことがある。そのときは旅行でした。「歩き方」に観光バスがあると書いてあった。でもいくら探してもそれが見つからない。警官に尋ねたら「どこを見たいの?」と聞かれた。「町をザッと見たいのだ」と言ったら、通りかかったバスを止め、運転手に何か言い、「このバスに乗れ」と。そのバスの終点が会展中心でした。厦門って人が親切な所だナ、と感じましたね。

 そのときは周りに何も無かった。それが今度来てみたら、大きなマンションが林立しています。海のすぐ近くですから風当たりが強いかも知れないけれど、環境はよい。こういう所で老後を過ごすのも悪くないな・・と思わせるロケーションです。

 バスを降りてから会場まで結構歩きます。厦門空港もそうですが、バス停が遠い。道が狭くて場所が取れない訳じゃありません。スペースはタップリある。私の想像では、バスが会場に直接着けちゃうと、タクシーが不利になる。その辺に配慮しているのではないか。ともあれ、会場前の広場で凧なんか揚げている人達の間を縫って会場へ。

 玄関先で面白いものを見ました。自転車の荷台にブリキの缶を載っけている。大きなバケツと思ってください。横腹に「客家磁耙(「じ、は」は左が米扁です)」と書いてある。下の横にやはりブリキの箱があり、中は黄粉。その二つが二本の管で繋がっている。
客家の餅
 丁度客が注文していた。売人がハンドルを回すと二本の管からニュルニュルと餅状のものが出てくる。それを適当なところでこれまたブリキの板で切断する。切断された(たぶん)餅は黄粉の中に転落する。それをまぶして袋に入れ、客に渡す。これは黄粉餅ですね。代金2元。客の連れのバァさん、これで2元は高いと食い下がり、おまけさせていました。
黄粉餅

 会場の中は大別すると観光名所のブースと、お土産・名産品のブース。最初に泉州のブースが目に入った。壁紙が写真。なんか長い橋の写真です。ブースの担当者は食事中でしたが、構わず「これは何か」と質問した。横道に逸れますが、この国では職場で食事する。さすがに銀行やデパートなんかではそれはありませんが、大抵の所では客が来るところで食事するのがごく自然に行われています。

 担当者は「ni那国的?」。「Riben」。「私、日本語できます」。泉州にも華僑大学というのがあり、厦門の華僑大学と同じなのか別なのかまだ調べていないのですが、とにかくそこには日本語科がある。おそらくそこの出身なんでしょう。上手な日本語で「これは五里橋です」と。なんでもつい最近までは中国で最長の石橋だった由。どこかにできた橋にNo1の座を奪われたけれど、古い由緒ある橋であるらしい。泉州には他にも「洛陽橋」がある。ここは橋脚が船首の形をしていて、更に牡蠣を付着させることで強度を保つことに成功しているのです・・と。いやこれはいいことを聞いた。私、古代人と称しているくらいですから古いものが大好き。何としても一度見に行かなくちゃ。

 他のブースでも温泉やら古鎮やら、武夷山クラスの秘境やらを発見。どこも行くのが大変そうな所ばかりでしたが、これからボチボチと回ろうという気にさせられる所ばかりでした。

 さてお土産・名産品のブース。物は買わないつもりで行ったのですが、やっぱり買っちゃいましたね。
竹籠
何を買ったかというと、まず杭州の竹細工。果物やお菓子なんかを載せる台、籠。お盆。細い「ひご」で編んで、漆を塗ってある。見事なものです。今日本では作っていないか、あってもとても高くて私のようなビンボウ人には買えない。それが6品くらいで120元。 会展正面

 次に急須。鉄色、土色。形は茄子、カボチャ、亀、梅の花、その他色々。家内が日本を出るとき知人に頼まれていたとかで、数個買いました。町なかで買うより四割から五割安かったです。

 買ったはいいが、どちらも日本に持ち帰るのが大変。急須の方はお茶と一緒に、この前厳重に包装して郵送しちゃいました。割れても仕方がない。とても女手では持ち帰れない。

 家内は「贈券20元」に釣られて出掛けた。何か貰えると思ったんです。私は「それは招待券ということだよ」と言ったンですけれどね。あちこちで聞き回り、結局私が言ったとおり、プレゼントは無いと知ってガッカリしていました。女は欲が深い。そんなことを言うと女性メンバーに袋叩きにされるかな?
TOP  前頁 NEXT