04.03.22  生活白書
 上2枚が湖北大厦の領収書。未だに手書き。下の1枚は中国電信。さすがにコンピューター打ち出しです。
 
 古代人@厦門です。日本は春爛漫のようですね。こちらは毎日曇りの日が続き、少し風があります。春って、どこでも天候不安定なんですね。

 短信もいよいよ種が尽きてきました。短信を書くためにどこかへ出掛けるってのもおかしな話。いよいよ店仕舞いかな・・と思っていましたところ、一つ閃きました。

 前の住まいに毎月払っていた光熱費等の領収書が偶々保存してありましたので、これをネタに、題して「厦門生活白書」。いえ、そんな大したモノじゃありません。早い話、固定費が月にどれくらいかということで、或いは皆様のご参考になるかと、そう考えた次第です。

 <明細>                                         (単位:元)
-----------------------------------------------------------------------
項目      9月  10月  11月 12月 01月 02月  合計  (平均)
-----------------------------------------------------------------------
 水道      9    11    11   11   18   14    74   (12)
 電気      82    51    51   65   83   54   386   (64)
 維修費                                   (12)
 管理費                                   (50)
------------------------------------------------------------------------
 小計    153   124    124  138   163  130   832  (139)
---------------------------------------------------------------------
 電話    198   143     81   87   136  129  774   (129)
------------------------------------------------------------------------
 合計                                    (268)
------------------------------------------------------------------------
家賃自己負担分                             (100) 
========================================================================
                                       (368)
  学校までのバス:週4×2×4=                     (32)
========================================================================
                                   総計 (400)
 
(注) 1. ガス代の請求は無かった。管理費に入っているものと思われます。
   2. 水道の単価は2.2元。おそらく単位は1トンでしょう。 
   3. 電気の単価は0.5元。おそらく単位は1KWでは? 
   4. 部屋の面積は41.5平米。維修費は平米当たり0.3元。管理費は1.2元
   5. 電話は163カードまたは寛帯による上網費を含みます。携帯、国際電話は別。
   6. 家賃は1,000元まで学校負担という契約になっています。
   7. 12月は家内が来ておりました。

 食費などの最低生活費については全く記録しておりません。大雑把な感じで言いますと、1日30元くらいじゃないかと思います。

 すると、30×30=900元ということで、2,300から2,500元あれば(部屋代全額自己負担で)カツカツの生活はできるということになります。この30元にはビール2本入っていますから「カツカツ」という表現は当たらないかも知れませんが。邦貨に換算すると、仮に1元13円として、30,000から33,000円くらいですか。

 旅行などの変動費は、当然のことながら、その人次第です。

 以上、中国で暮らしてみようとお考えの方のお役に立てば幸いです。
 TOP  前頁 NEXT