04.03.26  オムニバス- 2
興坪の展望台
 漓江下りの景勝地興坪。日本人林さんが展望台を作られたのは確かこの山。
 この項には安増@横浜さんからコメントをいただきました。下に添えましたのでご覧下さい。


 この数日いやに寒くて、風邪を引いてしまいました。考えてみましたら私、毎年桜の季節には風邪を引いている。花冷えでやられるんですね。恒例のことなんだと気が付いたら気が軽くなりました。高齢じゃなくて恒例ですから。

 一昨日部屋の窓から外を見ていましたら、雁が飛んでいくのが見えました。北のシベリア目指して行くんでしょうね。100羽近い数でした。写真を撮ろうとカメラを持ってベランダへ走り出たときは既に遅く、隣のビルの陰に隠れてしまっていました。

 この前飛んでいる雁を見たのはいつだったろう。何年前か、或いは何十年前か思い出せません。皆さんは最近ご覧になりましたか。
刺桐
 日本は桜前線が関東を過ぎたようですね。厦門では桜は見られませんが、刺桐(左)と、可憐な紫荊花(bauhinia)(右)が花盛りです。この紫荊花は香港市の花だそうです。
紫荊花

  話は変りまして、桂林の漓江下りをなさった方はご存じかと思いますが、コースの中で一番眺めがいい地点興坪で旅館を営んでいらっしゃる日本人の林さんから、HP作ったのでリンクしてほしいとメールが来ました。それはそれとして、これから漓江下りをなさる方、或いはあの辺の旅行を考えていらっしゃる方は、是非興坪に寄って林さんを訪ねて下さい。喜ばれると思います。林さんの HP・URL は私のHPのリンク先に載っています。

 林さんは現地のトイレ改良に取り組まれたり、ボランティアを集めて漓江のゴミ拾い大作戦を敢行したり、ちょっと常人では考えつかないそしてなかなか実行できないことをやっておられます。現地政府には大変信頼・尊敬されているそうです。

:
Date: Sat, 27 Mar 2004 11:52:50 +0900
Subject: [chinatrip:8187] Re: 厦門短信の60−興坪の旅館

やすます@横浜さん 皆さん 今日は。古代人@厦門です。

> 古代人さん、お風邪をひかれたようですね。単身赴任ですから、大変かと思います
>が、早期回復、健康には是非留意されるよう祈念いたします。こんな時は、病院とい
>うか、診療所に行かれるのでしょうか、それとも薬屋あたりで、風邪薬の処方でしょ
>うか・・・


 ご心配かけて恐縮です。お陰様で現在快方に向かいつつあります。私中国でこれまでに病院というかお医者さんにかかったのは腰痛と胃痛のときだけで、風邪でかかったことはありません。胃痛のとき貰った薬がなんと感染症用剤と小柴胡湯でした。ウーンと唸りましたね。それ以来、こちらで病気になってもお医者さんには掛かるまいと決めています。

 風邪のときはまず喉が痛くなりますので、すぐに急支糖漿を飲みます。これは上海時代に、井上さんちのおばぁちゃんに頂いて大変効きましたので、以来ずっと愛用しています。喉だけならこれで治りますが、鼻水が出たりになりますと、いわゆる感冒薬でないと治りません。感冒薬はそれこそゴマンとありますが、私は「Bufferin Cold」というのを使っています。Bufferinは安定性がある薬ですし、メーカーも中美合弁なので安心です。効き方も穏やかな感じです。こんなところですが・・。

> この旅館の名前は、老寨山旅館 (ラオジャイ山旅館) というようですね。ホームペ
>ージを拝見しましたが、シングル・ツインとも、1泊100元で、シャワー、トイレ、テレ
>ビ、冷暖房が付いていて、インターネットのADSL回線が無料で使い放題のようです。
>ノートパソコンを何時も持ち歩いている私にはとても魅力的です。興坪は、古代人@
>厦門さんがご指摘のように、漓江下りの中でも、景色のとても良いところにあります。
>機会があれば、私も是非行ってみたいと思います。
> 老寨山旅館 (ラオジャイ山旅館)    http://www.kakura.jp/xp/

 よろしくお願いします。
TOP  前頁 NEXT