04.06.12  平仮名の流行
吸の凍
品名:吸的凍涼粉
配料:水、白砂糖
地元厦門の食品会社製品。中身は紅茶ゼリーみたいなものです。
 この投稿にはsusan@合肥さんと、laigu@天津さんからご意見をいただきました。下に添えましたのでご覧下さい。

 このところ街中で平仮名をよく見掛けます。

 先日バスの中で席を譲られた。そんなの別に珍しいことでも何でもないんですが、それはまぁ横に置いて、立ったその若い男が着ているTシャツを見て「オヤ?」。

 黒地に白く、    になれる さん
           そんなのいいが れたら
           ファッションデザインイナ
  と染め抜いてある。
Tシャツ
 面白いと思って早速写真撮っておきました(左)

 数日後、バスの中から外を見ていたら変な看板が目に入った(右)
変な看板
   大きく  「小資 & 派」  とあって、その下に小さく
       「ガク出ケズちボ依好II」 とある。この「出」の下の両サイドの縦棒はありません。記号のつもりでしょうか。

 今日わざわざそこまで写真撮りに行きました。店の中に小姐が何人もいたから「この字は一体何なの?」と声を掛けた。でも、何か咎められると思ったのか、誰も出て来ない。ブティック店のようでした。
スナックの袋
 いつぞや東方航空の機内で出されたスナックの包装紙には「のどがしょくりょう」と意味不明な平仮名があった(これは既に投稿済)。

 「の」が流行り出したのはもう数年も前のこと。その典型は「優の良品」。平仮名は今やファッションなんでしょうね。
 
 日本の歌もよく聞きますよ。台湾系のレストランへ入りますと、美空ひばりや橋幸夫などの曲が流れている。先日の安渓行のバスでは、ずっと日本の演歌(歌無し)を流していた。近郊に同安という市がありまして、そこの市営バスも厦門市内へ走って来るんですが、先週それに乗ったら日本唱歌(ですよね)の「輪唱・かっこうが啼く」を流していた。勿論、歌詞は漢語ですが。極め付きは「鉄腕アトム」。Walmartで流しています。これも歌詞は漢語。鉄腕アトムは古いから、これが日本製アニメと知らない子供もいるんじゃないでしょうか。

 上の方じゃ「日本不好」。下の方じゃ「面白いものはどこんのでもいいじゃん」ということなんでしょうね。日本産という意識自体が無いのかも知れない。
街頭雑誌販売ボックスの小姐
追加です。
はここ厦門で。。最近(04.11月)の撮影。
は上海・漢口路+山東中路。04年国慶節に撮影。
新旺茶餐庁の対面


 susan@合肥さん、古代人@厦門さん、みなさん、こんにちは。laigu@天津です。

<susan@合肥さんwrote>
> 合肥でも変な日本語を見かけます。
> お菓子のパッケージは言わずもがな、日本の連ドラや映画のDVDの裏書も
> 訳分からないことが書いてありますね。誰が考えてるんですかね?


 仕事柄、毎月のように日本語の宣材を作っている経験から言いますと、考えてません。(笑)

作製の側からいうと、
1.日本語原稿を受け取る。
2.PCのワープロソフトに入っている中から、同じ文字を探して打ち込む
  (この人は日本語が出来ませんから日本語は記号です。)
3.出来た原稿をそのままクライアントに渡す。
  (日本語のチェックは出来無いので、そのままにする。)
4.当然クライアントからダメだしが入る。
5.朋友ネットワークを使って日本語の出来る人を探す。
  (この人も挨拶程度しか出来なかったりします。)
6.日本語の出来る人にチェックして貰ったから大丈夫。と
  クライアントに渡す。
7.再びダメだしが入る。
この繰り返しが数度行われます。

 で、私の取引している某社。
日本人の営業スタッフがいるのに、何で日本人にチェックさせないで、片言しか話せないような人を使う
かな〜? (-_-;)
だから、−(ハイフォン)と一を間違えるんだよなぁ。(^^ゞ おそらく似たようなことが起こっているのだと
思ってます。

TOP  前頁 NEXT