04.07.24 食事の作法-2  雲南省のタイ族の村へよく行かれるhal-vvvさん、北京のHommaさん、井上@上海さんの投稿です。

(04.07.22)
みなさん こんばんは hal-vvvです。
茶碗を持つか持たないかという話題ですが私の行く所は持ちますが、そんな事どうでも良いみたいです。そんなの気にしないというのが本当のところです。
 結婚式の披露宴ですが漢族の所ではいろいろと式次第もあると思うのですが、ここでは何もありません。勝手にやって来て勝手に食べて勝手に帰ります。新郎新娘はいますが、特に挨拶も何もありません。紅包もなく手ぶらで来る人もおります。
(注)hal-vvvさんご提供。結婚披露宴の食事風景。
タイ族の娘
 隣の家のご飯も顔見知りなら勝手に入って食べても可。ご飯を食べていて禁忌は自分のご飯茶碗に入れたおかずを戻してはいけないぐらいで、後は何でも可です。先日 勘違いでこれをやって怒られました。恐ろしいのはスープの中の骨付き鶏肉などは箸でつまんでちょっと持ち上げて、気にいらないとまた大椀に戻して次のを探します。日本だったらアウトですが、やり放題です。前出のように家族でご飯を食べる時も、挨拶も順番も何もありません。各自勝手に食べて終わりです。

Homma@黄村鎮です。

 古代人@厦門さんの指摘に、 1.茶碗を持ち上げないで食べることについて。
とありましたが、茶碗を持ち上げて食べる人は多勢いますよ。つまり立って食べれば、必然的に茶碗を持ち上げて食べることになりますね。私が見たところでもとても多いです。

 湖南省の鳳凰に行ったときの事ですが、立って食べると言うより、外に出て食べる、歩きながら食べる、入り口の敷居に座って食べる等、そんな光景がいたるところで見られました。何故だが知りませんが、家の中でテーブルの前で食べたくないと言った感じで、一人で歩きながら食べている人が多勢いました。当然と言えば当然ですが、こう言う人たちは.、茶碗を持ち上げて食べます。テーブルで食べる状況とは違うのも確かですが。

 私の家の大屋さんが言っていたことですが、外で食べるのは、南のほうに多いと、苦笑しながら言っていました。この光景を是非写真に撮らねばと思って、カメラを向けると、すっと避けられてしまう事が多かったので、当人はあまり良い習慣とは思っていないのかななんて思いました。

 しかし、この鳳凰と言う街は、沈・・何とかという文人も輩出した街で、そう言った街であるならば、丸いテーブルを囲んで食事する光景の方が相応しいように思いましたが、道の真中まで出てきて(しかも歩きながら)食べる人とは階級が違うのかなと考えたりしました。

 何故外に出て食事したくなるのか?、こういったことの深層心理が分かると、おもしろいのですが。 外に出て食事したくなる理由が、何かあるように思いますが、単なる習慣でしょうか?

 Homma@黄村鎮さん、食事の食べ方問題研究会の皆さん、おはようございます、井上@打浦橋@上海です

> 何故外に出て食事したくなるのか?、こういったことの深層心理が分かると、
> おもしろいのですが。 外に出て食事したくなる理由が、何かあるように
> 思いますが、単なる習慣でしょうか?

 
上海を見てますと、と言っても、下町だけですけど、今は・・・・ やはり、家が狭いんでしょう。外で食べたほうが気持ちよい。朝は、皆さん、大きなコップを手に持って外で歯磨き。午前は、おばさんたちは、外で食事の準備。野菜の前処理なんかは、皆、外でやってます。昼は、皆さん、外で食事。昼寝も外で。将棋も碁もトランプも外で。子供も、外で勉強。夏の夜は外で寝ていた人もいるはずです。

古代人@厦門です。

 前に聞いた話ですが、「どうだ。オレはこのとおり飯が食えているぞ」と見せびらかすのだそう。まぁ昔は満足に食事、それも米の飯が食べられるなんて、かなり大変だった。ついこの前まで、そういう時代が続いていたということじゃないでしょうか。

 それにプラス、家が狭いということもあるかも知れません。でも、歩きながら食べるというのはどういう心理なのか、よく分りませんね。

TOP  前頁 NEXT