04.09.19. 庶民の市場
開禾路
徘徊老人さんに教えていただいて古い市場へ行って来ました。輪渡の近くの開禾路です。これはとばっ口。

万屋
(左)蟹に鶏(足を縛られている)。蜜柑に
  野菜。よろずやですね。
(右)魚や。黄色い熱帯魚の名前を聞い
  たら「????たい」と聞えました。鯛の
  音は日本と同じなのかな。
魚や
天主堂
(左)天主堂。カソリックですね。確か旧
  市街では基督教はここだけ。
(右)
鳥や。鳩もいます。
鳥や
春巻き皮
(左)春巻の皮。初め練ったメリケン粉
  の玉を鍋に少しだけこすりつけて、
  それを箆で伸ばすのです。
(右)丸い餅状のものはたぶん豚の血。
  三角形は喉骨かな?
豚血
立ち食い
(左)立ち食い。おかずは見えませんで
  した。
(右)この店は名店らしい。お客が多い。
呉再添小吃店
値段表
(左)値段表。最初安いと思いましたが、
  量からするとそうでもありません。
(右)店内の客席。みんなおいしそうに
  食べていました。
内部
食べたもの
(左)魚丸麺と一見茶碗蒸し風。白いの
  は餅米粉でした。具は肉片。合計で
  3.5元。お味は???。
(右)帰りに見た蛙の死骸。脱走したまで
  はよかったが、自転車か人間に踏み
  潰されたのでしょう。
頓死した蛙
モダンなマンション
(左)モダンなマンション。一番上の開
  禾路入り口の対面です。この辺は
  海に近いからかなり高いと思う。
(右)帰りに乗ったミニバス。計器類は
  全滅。大きな穴が空いている。
  でもチャンと走るから立派。
ミニバス

TOP  前頁 NEXT