日中共同意識調査


Date: Wed, 09 Jul 2003  Subject: 日中共同意識調査

 MLの皆さん 今日は。  古代人です。

 今日の朝日新聞(東京本社13版10ページ)に北京と上海で行われた市民の意識調査の結果が出ていました。全国紙といえども、記事は全国一律ではないそうなので、ちょっとご紹介します。なお、調査は01/11月から02/3月まで。対象人数は4,258人。当局の立会いなし。中国人民大学などと文部科学省・統計数理研究所による。なお、日本のデータは「国民性調査」のものです。
  ---------------------------------------------------------

                             北京    上海    日本
失業の不安(非常にかなり、少しは        
 計)                           78%    86%     76%


自分はどの階層に入るか <中の上>         8      9       10
(5つの階層に分けて)   <中の中>         46     53       57   
                 <中の下>        33     30       26 
                  <下>          11      6       4
              

国と個人の幸せは 
  <国が良くなると個人も>              70     57      28
  <個人が良くなると国も>               4     10      28 
  <国も個人も良くなるのは              25     30      40
   同時> 
  -------------------------------------------------------------

  私は北京愛国、上海出国(つまり個人の利益優先)という評が良く当たっていると感じました。広東も一緒にやってもらいたかった。売国という評がどうなのか・・・興味深いところ。

 「国と個人の幸せ」を見ると、日本の場合、殆どの日本人は国と一体感を持っている。個人が良くなること即ち国が良くなることと意識している。一方中国人は、国に給付を期待する意識が強いのではないか。日本人より国と個人の距離が遠い。そういう見方もできそうですね。
TOP  前頁 NEXT