中国人の親切

中国雑記帳の24 「中国人の親切」の続編です。


Date: Wed, 17 Dec 2003  Subject: Re: 中国人の親切

古代人様 井上様 hal-vvv様、皆様、こんにちは。lingmuです。

 全く完全に同感です。初訪中(87年)以来の私の持論と一致します。中国の方というのは、よく云えば好奇心旺盛∴ォく云えば常に暇つぶしのネタを求めて鵜の目鷹の目=A早い話が物見高い≠ニ云うことだと自分なりに解釈しています。

 それと、勿論、職業的な悪人もいる(日本を含め世界中にいる)訳ですが、多くの場合、中国の方のお節介≠ニ云うやつは、悪気はないんですよね。

 昔、日本で小さな親切運動≠ニ云うのが流行った時、口の悪い人が小さな親切、大きなお世話≠ニ揶揄しましたけど、それに近いような気もします。

 個人主義、利己主義と身内意識との関係ですが、これは一枚の紙のウラとオモテのように思います。有史以来、同族、同郷意識の上になりたってきたのが中国社会ですから。

 仮令、相手が外国人であっても自家人=i身内)同様と意識したら、助けてくれて当たり前、助けてくれなきゃ、ひとでなし。4000年の伝統ですから仕方ないんでしょうね。アジア諸国共通の事象だと思いますが、社会保障やセーフティーネットが碌に無い社会で生き抜く為の生活の知恵でもあったでしょうし。

 「一本の木が有れば、その日陰で、みんなで涼む」と云う諺の有る国ですからね。

 そんなこんなも含めて「這是中国」と割り切っている今日この頃です。


 2003/12/17 Re:  中国人の親切
 
 古代人さん 井上さん hal-vvvさん lingmuさん: 吉野@復旦です。

 中国人が自分中心であることは確かに間違いない。しかしそれはそれとして、僕はどうしても「日本人って何?」という方へ考えが向います。

 日本人の多くが、相手の立場を慮る事が出来て、協働作業が非常にうまくいく、これは確かだと思います。しかしこれはあくまでも、育ち方から受ける教育、入った会社の環境が相対的に近いからでしょう。ある程度の学校を出た人が中心の世界ではそういうことが言える。しかし、こういうものから脱線した人は案外非常に異なった哲学の持ち主だったりします。夜のアルバイトを転転としているような日本人は、いわゆる日本人のイメージからはかけ離れて、中国人そっくりだったりします。

 僕が10年程前に東京駅東海道線ホームで電車を待っていたとき、小柄なヨーロッパ人の男がいかにも困ったようにしていました。乗る電車が分からず、日本語もさっぱり分からないらしい。 僕と同様に始発の東海道線を待っていた人たちは、英語が出来るかどうかは分かりませんが、いい大学を出ていい会社に入った人たちでした。僕は幼い頃から13年間もバス電車通学しており、そのくらいはすぐわかります。

 そのいい大学出の人たちが、困っている外人がいるために、みんなして一斉にそっぽを向いているんです。いやぁ、例によって僕の義憤といったら・・・ 「あんた達にいい大学行かせたのはお金の無駄だよ」みたいな(笑)。

 聞いてみたらその外人あんちゃん、案外道理のわかった人で、ゆっくり英語を話してくれました。神田に行きたいらしい。僕は指をさして、「あっちの緑色の電車に乗って、1つか2つだよ」みたいな謎の英語を使いました(笑)。そうしたらその外人、すごく感謝して去って行きました。「下手くそ、ぼけ」なんてことは言われない(笑)。

 その感謝の様子を見て改めて感じました。日本人に道を聞くって大変なのね。どうして? 日本人っていい人たちじゃない?

 古代人さんのおっしゃる「本当の親切心」というものが、果たして日本人にはあるのか? 学のない人にはあるような気がする。しかし教育を受ければ受けるほどそういうものはなくなるんじゃないか? ちなみに僕の親切心も本当の親切心ではありません。むしろ「義憤」です。「困っている人を見たら助けなければならない」「惻隠の情は仁の端也。」変に教育を受けてますから、頭の中にインストールした雑多なソフトが多いんです(笑)。

 hal-vvvさんのおっしゃることはよく分かります。分かる気がします。僕の知る日本人の中では、学のない、トラックの運転手とか、新聞屋の拡張員(元ヤクザ)とか、元暴走族とか、夜勤専門フリーターとか、こういう人たちって、「本当の親切心」と「恐ろしいまでの自己中心主義」が、同居しているんです。

 僕なんぞは、学がない人のほうが、人間味があるような気がしちゃいます。確かに
腹たちますけど・・・。こういう複雑な思考回路を経て、僕も井上さんと同様、中国人に甘くなるのです。わはは。
TOP  前頁 NEXT