二胡の話


  2004/03/13  RE:二胡

 久米の仙人ことKK生さん、みなさん、こんばんは。。友子@弁財天@蘇州です

> 友子さんは 二胡をお持ちなんですね なにかやさしそうで難しいらしいですね。
> 女子十二楽坊に入られますね。


 最近二胡の練習を始めました。先生は近所の上海人です。週末に蘇州に戻るので、その時に時間が有れば教わっています。まだ何回かしか機会はありませんが、主に独学自習です。でも楽しいです。何曲かは暗譜して、弾くだけは弾けるようになりました。なかなか奏でることは出来ません。音もまだきれいな素敵な音はでませんが私は二胡が好きだったんだなーって感じています。

 詳しいことはよく知りませんが、蘇州(江南地方)の二胡と北京の京胡が有名です。京胡は京劇などで使われます。後よく似たもので二胡より大きい中胡、高胡、板胡などがあります。板胡は音が高いです。私はこの音はあまり好きじゃないです


> 二胡は馬頭琴とは異なるのですか??

 馬頭琴はさおの先が馬の形をしています。琴筒の部分の形も違います。モンゴル方面の楽器ですね。二胡は「中国のバイオリン」と言われ、馬頭琴は「中国のチェロ」といわれています。

 早くあの哀愁たっぷりの音で奏でられるといいなーと思っていますよ。来週市内に行って先生を頼もうと思っています。


 二胡ツリーの皆さん、こんばんは。ChinaART@東大阪(現在義烏)です。

 「二胡」で苦い思い出が・・・。

 95年に会社の先輩から「中国の楽器を買ってきて」と頼まれたので、その格好を教わり、買いに行きました。名前も聞いたように感じますが、そもそも知らないモノなので、全く記憶もせず上海に渡りました。委託先のセンターの人たちに訊いて、それは「アル・フゥ」だ、と教えられ、改装前の上海第一百貨の楽器売場で、ケース付きの「アル・フゥ」288元を購入。その頃は、この価格でも上級品で、結構な材料を使っていると言うことでこれに決めました。

 で、その時の帰国ルートは成田で、スーツケースの荷物が満タンだった当方、その立派なケースを抱え、「中国帰りだよん!」状態で税関に向かいました。

 税関の人が当方を見てすぐに、「すみません・・それって「にこ」ですよね。」と言うのですが、何のことか判らず、「何でしょうか?」と聞き返す有様。・・と言うのも、中国オンチだった当方は、楽器の名前が日本語で「にこ」って言う事すら知らず、中国人に教わった名前の「アル・フゥ」を頼りに、上記のような感じで目的の楽器を入手した訳で、急に「にこ」と言われて、戸惑うばかり・・・。関西系の当方は、一瞬、「へ?2個?・・1個でっせ」と答えそうになる始末・・・。(サブい話ですが、イヤほんとうに・・・(^^;;;;;;)

 で、税関の方が更に尋ねるには、「本皮ですか?」全く何のことか判らなくなり、とりあえず開けて見て貰いました。「ああぁ・・本当の蛇皮ですね・・これ、持ち込み禁止なんですよ」と来た! 「???」当方、途方に暮れるだけ。「じゃあ、どうしましょう」と聞き返すと、「持ち込めないので、手続きして放棄願うか、皮の部分を剥がして、ガワだけなら持ち込めます・・」と言われ、ガワだけでは楽器にならないので、半分以上放心状態に陥っていた当方、手続きをして、ケース毎渡してしまいました。


 後で後悔・・ケースだけでも持って帰れば良かったと・・・。今、成田の「持ち込みご禁制ショウウインド」にあるサンプルの「二胡」は、この時のモノかな?と1人考えたりしています・・(^^ゞ。

 2004/03/14   Re:二胡

 China artさん 友子@蘇州さん 皆さん 今日は。古代人@厦門です。

 私自身は幸か不幸か税関で引っ掛かった経験が無くてこれは知人の話ですが、本来没収の物品も「預かり」という制度があるらしいですね。

 上師大に語学留学で来ていた方が二胡の勉強を始めた。いい年のおじさんです。道を歩いていても右手を左右に振っている。「ナンジャイ、それっ?」。「エッ! ああ、これ二胡の練習です」。まるで「右や左の旦那様」みたいな手付きでした。

 夏休みになって一時帰国。日本でも練習するんだと張り切って二胡を持って帰った。その人も錦蛇の皮がワシントン条約で引っ掛かるなんてこと知らない。リュックに入れて背負って行ったらしい。成田で敢えなくご用。頭が出ていますからどうしたって分かる。で、「また中国に帰るんだ」と言ったら、税関吏ニコッと笑って「保護預かりも出来ますよ」と言ったそうです。ただ、タダじゃない。預かり料を取る。それではと計算したら、その二胡のお値段より遙かに高くなるので、泣く泣く放棄した。

 これは蛇足ですが、上海に戻ったそのKさん。「先生が選んでくれた二胡を没収されたのが悲しい」と嘆くことしきり。何でもその先生は若くて気品のある美人だそうで、私らが面白がって「ちょっと紹介してよ」と言っても絶対会わせてくれなかった。あのKさん。今でも二胡続けているのかな?
TOP  前頁 NEXT