04.05.08  GDPの話-2
 
              私の投稿に寄せられたML仲間井上さんの投稿です。


 古代人さん、皆さん、おはようさん、
井上@打浦橋@上海です。


>  日本から取り寄せた文春四月特別号を読みながら歩いていました。そこに
> 「ハイアールは張り子の虎」という記事がありました。要するに相殺すべきグ
> ループ企業間の取引をそのまま計上している。だから公表されている売上高は
> 実は2倍に水増しされているに違いない・・・ということ。


 でしょう、でしょう、そんなもんです。
なんてったって、中国の数字はあてになりません。


>  総額としてのGDPだけではなく、資金の循環過程やその波及効果についても
> 問題があるのではないか。そんな認識も持っています。どういうことかと言い
> ますと、私は厦門に住んでいます。部屋を探します。すると一つのマンション
> の中で幾つも空室を見せられます。家賃1000元から1400元程度と条件を付けて
> それです。無条件だったらもっと多いでしょう。こんなに空室が多いのに、今
> でも次から次へとマンションが建てられて行く。完成しても全く売り出されて
> いないものもあります。どこかの金持ちが丸ごと買って、値上がりを待つのだ
> そうです。


 マンションに関しては上海でも同じ、というか上海が、大元なんでしょう。空き部屋ばっかり。値上がりを待ったりとか、テナントを付けて家賃を取りたいと考えてる人が、ワンサカいる。大金持ちの台湾人や香港人も居るし、上海人の大金持ちもいる。こういった連中は、まあいいんですが、頭金だけ支払い、無理して銀行から借りて買ってる小金もちの上海人もたくさんいます。ここのところ100万元クラスのマンションが売れなくなってきている、また家賃も下がってきている(空き部屋だらけなんですから、当たり前)そのうち銀行への返済が滞ってくるのは火を見るより明らか。来年当たり、ドドーット価格が値崩れすると、私は見ています。

>  貴州省では高速道路を盛んに作っていました。西部大開発の号令下、内陸部
> ではどこも同じだろうと思います。それはそれで結構なのですが道路、橋梁、
> 箱ものなどへの投資はインフレ要因ということになっている。生産に対する直
> 接投資とは違って、それは間接的だからです。以前から中国経済の基調はデフ
> レ傾向と聞いています。すると、これだけ間接的投資を続ければデフレからイ
> ンフレになりそうなものなのに、そういう話は聞こえてきません。ただ、観光
> 地の門票だけは凄まじいインフレですが。

 発展する最中は、良好なインフレ状態ってのがイイんでしょう・・・私、詳しくはありませんが。

 私、上海に97年から住んでいますが、交通費、食材はわずかですが値上がりしてるようですが、その他の生活費は、そのままというか外食費なんかは安くなってるように思えます。

>  ご存じのとおり、中国の銀行は多額の不良債権を抱えています。(日本の銀
> 行も大変ですが、その話は今日は横に置きましょう)。それは過去、政府の命
> 令で国営企業に融資した残債です。融資とは名ばかり。実際は公金注入です。
> 本来政府予算で手当てされるべきものだったのです。


 個人ローンの破綻もあると思います。皆さん、マンション購入や車購入や教育費にローンを利用している人が、たくさんいるそうです。銀行は、簡単に貸してしまうそうですね。

 でも、まあ、オリンピックまでは万博までは、 ナントカ取り繕って、上手くやっていくのかなと・・・

TOP  前頁 NEXT