04.06.26 
 手荷物持ち込み制限強化
手荷物の機内持ち込みについて制限が強化されるという情報が流れました。さもありなん。兎に角中国の人は荷物を沢山持ち歩く。しかし、この制限がきついと我々外国人だって困る。それでML上で甲論乙駁ありましたが、結局この制限強化は国内便が対象ということで一件落着しました。

やすます@横浜さん、こんにちは
Homma@黄村鎮です。
 
 最新のニュースを有難う御座います。7月1日に帰国する予定なので。
でもこのニュースほんとですか?


<やすます@横浜さんwrote>
>  北京首都国際空港では、7月1日から、全国の空港に先駆け、手荷物の持ち込み
>制限を厳格に実施するようです。

>  各旅行客が機内に持ち込める手荷物は、5Kgまでで、ファーストクラスの場合 は、
>一人2個まで、携帯可能、ビジネスクラスとエコノミークラスの場合は、一 人1個だけ、
>携帯可能で、携帯する荷物の大きさは、20×40×55までとな っているようです。


 20×40×55の、前の20の部分ですが、これは20センチの厚さのことですよね。
20センチまでというと、ちょっと大きいと引っかかりますね。ひっかるものがあるので、困るのですが。やすます@横浜さんに文句を言っても筋違いですね。容積での表示などは無いでしょうか。

 でも困った。


 04.06.27  ChinaARTさん 手荷物制限ツリーの皆さん お早うございます。
古代人@厦門です。

 国際便が浦東に移行する前の虹橋で個数制限に引っ掛かったことがあります。リュックにPCとコード類を。別にプリンター。そしてお土産の紙バッグ。警備員が立っていてどうしても通してくれない。やむを得ずカウンターに戻ってリュックを預け、残り二つを一つの手提げに詰め直してパスしました。

 で、制限する理由は私、単純に「天井の棚に入りきらないから」と理解していましたが、下の記事を拝見して ?????? です。

<ChinaArtさんwrote> 
>なので、今回日本で柔らかいバッグにキャリアーが付いているものを購入し、手に
>持っていましたが何も言われませんでした。当方の「軟らかかったらエエんやろ?」と
>言う理屈が成功したと思った矢先の情報でしたので、執行されるとこの分も結構痛い
>です・・・。(53(長)×45(高)×32(巾)cmなので現状でも大きいです)


 個数の話は別として、固い物は良くないということだと、棚から何かの弾みで落下したとき、下の人が怪我をするということなんでしょうか?

 まぁ兎に角荷物を沢山持つ人が多い。なんて私、自分のことは棚に上げているみたいですが、上記三つも持ったケースは後にも先にも一度だけです。大抵はリュック一つ。で以下、如何に皆さん手荷物が多いかというお話。

 SARSが下火になった昨年6月、NWで上海へ飛びました。機材はボーイングの小さいヤツ。私が乗り込んだときにはもう、天井の棚はどこも満杯。私の手荷物はリュック一つでしたから座席の下に押し込みました。周りの人は棚や座席の下に入らないモノを通路に置く。NWは厳しいです。空中小姐(オバンばかりだけど)がうるさい。何とかしろと言うわけです。客は文句を言う。スッタモンダの挙げ句、小姐はそういう荷物を後ろへ持って行った。見ていたら最後尾の客席の背中の空間に押し込む。座席と側壁の間に押し込む。前の方でも同じようにガタガタとやっていました。

 持って行かれた客は「これタから外国の飛行機は嫌いヨ」と文句たらたら。どうもこの人は在日の中国人のようでした。

 半年住んだことがある江蘇省某市の知り合いが6ヶ月研修(実質は出稼ぎ)に来ての帰り、成田への途中で拙宅に寄ったことがあります。手ぶらで来た。「あんた荷物は無いの」と聞いたら、もう成田へ送ったと言う。その数を聞いて仰天。なんと6個。「何が入っているの?」。ご多分に洩れず、お土産という答え。親戚に過不足無く配るよう買い揃えるのが大変だった。あとは文句が出ないように祈るのみ・・・と。この小姐、履いてきたサンダルが壊れたので家内のサンダルを貸して上げた。それがすっかり気に入って「これいいよ。とてもワタシ似合うよ」と、それ履いたまま中国へ帰って行きました。まことに天真爛漫。家内も苦笑い。

 成田で6個もの荷物をどう通したのか、その経緯はまだ聞いていません。

 <04.07.01 Hommaさんwrote>
>北京空港から、成田に今日帰国しました。

>北京空港に張り紙があって・・・・・・・・
>いや、何も無いんです。張り紙は無いんですが、検査があって・・・・・・・

> いやそれも無いんですね。つまり普段と何も変わりが無い。検査員の数も、方法も
>変わりく、変化がみられません。あの新聞の記事は何だったのか。国内線だだけの
>規制だったのか。其の可能性もありますが、そっちのほうは見ませんでした。

>レポートの総括は、な〜んにも変わり無しです。

TOP  前頁 NEXT