04.07.28  消夏法と書店
子供用のスペース
児童書のコーナーにはこのような設備が。中国で出会う他の事柄と比べると、これは異常としか言いようのないサービスです。

 (04.07.23)井上@打浦橋@上海です。
 別に話題が、ある訳じゃないんですが、とにかく暑いのです。野良猫@長野さんに頂きました「おんどとりくん」も嘆いていました。なんでご主人は、こんなクソ暑い上海にボクを送り込んだんだぁ〜っ!!って。

 ちなみに午後1時現在、上海の気温は37.5度、湿度は43%です。早朝、運動に行ったとき既に30度ありました。6.3mの階段の上り下り運動なんですが、冬場ですと100回はどうってことない。でも、クソ暑い時は60回が精一杯。今朝は体重が2.4kg減りました。つまり汗が2.4リッター出たということ。

 午前も9時から運動しましたが、1kg以上減ったでしょう。そのあとコンビニに寄り、ダイエットコーク350ml入り2元を買い、ゴクゴク。ほんでもって、そのあとは証券会社のロビーで本を読みました。涼みに来てる人が結構います。エアコン、バカスカ効かしてますから。子供がロビーで子供用自転車を乗り回していました。

この陽気、まだまだ続くんでしょう。


 古代人@厦門です。
 日本の友人が難しいことを言ってきました。三国志時代の実社会の状況を伝える本はないか?  つまり、三国志では関羽は青龍刀を使っていたと言うが、あれは明代のもの。当時は青龍刀は無かったそうだ・・と言うのですね。そして魏の人口は1200万人くらいで、呉は200万人。蜀は100万人くらいだったらしい。それじゃ三国鼎立とは言えないじゃないか。その辺の実相を調べた本はないか・・・と言うんです。

 で、今日、大きい書店を二軒回りました。入ってびっくり。書棚の間に座り込んで本を読んでいる人が大勢いる。私が書棚を覗き込むのに邪魔になる。どかない奴はワザと躓いたフリして蹴飛ばしてやった。悪いおじさんです。

立ち読み
 一軒の書店はチャンとした椅子が各所に用意してある。そういう所に座ればいいのに、どういうわけか書棚の間に座り込んでいる人の方が多い。その方が楽しいのでしょうか?  ともあれ冷房は効いている。日本で言う「立ち読み」はここではフリー。いや、これはいい消夏法だな・・と感心しました。

 中国って何でも先払い。take and giveの国。でも書店だけは恐ろしく寛大です。これは中国七不思議の一つですね。

 で、問題の本。私の説明では店員みんな分らない。首を捻るばかり。書店の店員と言っても専門知識は皆無のようで、面倒だとみるや「没有」、「不知道」の一点張り。仕方がないから関係ありそうな書棚を虱潰しに見て歩きましたが、それらしい本は無い。ここの皆さん「中国は悠久の歴史の国」とおっしゃいますが、有るのは史記とか漢書など幹の部分だけで、案外小枝に当たる部分の書籍は無い。きめ細かな研究は為されていないのか、或いは研究はあっても出版はされていないようです。読書人の層が薄いのでしょう。

 中国研究に関しては最近アメリカが著しくのしてきたそうですが、一昔前までは日本が文献でも研究レベルでも世界最高水準だったそうです。古いことを詳しく調べるなら、日本で調べる方が早いというのが定説だった。今でもそうなのではないか・・・というのが私の実感です。

(04.07.24)井上@打浦橋@上海です。
 まあ、とにかく本屋の状況は古代人@厦門さんの書かれた状況そのものです。もちろん、わたしもああいうの見てますと、どうなっとるんじゃい!! と、思っちゃいますね。ほんでもって、商品としての本が、ドンドン傷んで行くんです。売り物にならなくなってくるんです。その辺に対して、店員が注意してるの見たことないですね。

 でも、テレビの生活番組などでは、商品を傷つける客が多くて、こういうのは没有礼貌だと訴える内容のものも取り上げられます。書き込みの入った本、折り目を付けられた本、頁が破かれた本。スーパーでは、ラップ包装が破られた商品、箱の蓋が開けられ中身が確認された形跡のある商品などなど・・・

 思うに・・・
店員側も、まだ商品を大事にしようという意識がないのかと。毎月同じ月給なら、商品が傷つけられても関係ない・・・

 また、客側も・・・
買って初めて自分のモノになるのであって、買う前は、その商品はまだ店側に所属するものだという意識が薄い。

 こういった意識は・・・
国営企業の意識がいまだに残ってると見るか・・・あるいは、中国人は大昔から自分の身に振りかからない事には無関心・・と見るか? ボクには分からないのだ!!

 もう一つ加えないといけない・・・・・大事なものを忘れていた。つまり・・・「ただ単に、おおらかなのか?  日本人みたいに細かいことは言わない、なのか?」

 私が証券会社のロビーで株の売買もせずに、ただ単に涼しいからという理由で、本を読んでたり、その涼しいロビーでおばはんが枝豆の皮を剥いてても、爺さんと孫がトランプやってたり、子供が自転車を乗り回していたりしても、誰にも注意されません。また先日のオフ会でも、酒をたくさん持ち込んだのに文句を言われない。

 やはり、おおらかだから、なのかも・・・。
TOP  前頁 NEXT