04.10.07 全国統一大学入試
校則掲示板
厦門大学正門横の校則掲示板。具体的である点はよいと思いますが・・・。
 日本の某国立大学教授の方から中国の大学入試制度について質問されました。
以下は私が職場の同僚である厦門市所在集美大学の英語の先生から聞いた話です。
複数人からの聴取りではないので、完全な情報とは言い切れません。その点を含んだ
上でお読み下さい。


 
1.受験資格: 高中修了者であること。
2.全国統一試験を受けること。
 (注1)外地高中を修了して受験する者(留学生ではない)は統一試験ではない別の試
    験により学力を判定する。
 (注2)福建省では、専科も統一試験で選抜される。他省については不詳。

3.受験科目
  <文系>中国語、日本語または英語、数学、総合(政治、歴史、地理)
  <理系>       上に同じ             (化学、物理、生物)  
4.志望大学
 (1)大学のランク
  A.全国重点大学。北京、南京、復旦、厦門など16か20くらいある。
  B.省重点大学
  C.特に何も言われない大学。元は専門学校だったというレベルの大学が多い。
 (2)各ランクについて三つの大学を志望できる。つまり計九大学を候補に挙げられる。
5.志望学科
 一つの大学について三つまで志望の課程(日本語科とか電脳科など)を挙げられる。
6.試験の形式 
 (1)主観題はwrite down (ということは筆記)。
 (2)客観題はmark seat形式。
7.配点
 中国語、第二外国語、数学、各150点。総合が300点で合計750点


 以下、教授から寄せられた第二次質問に対するお答えです。

Q.第二外国語の英語、日本語の受験者の比率は?
A..受験者の比率は日本語10%、英語90%くらいではないか。日本語があるのは東北
 地方で教えているから。
Q.ドイツ語、フランス語はないのか?
A.ドイツ語、フランス語が受験課目としてあるかどうか知らない。おそらく無いのでは
 ないか。それを教えている高校が多分無いだろうから。
Q.志望大学申告の時期は?
A. 2,3年前から、試験後に正解が発表され、その後で志望大学を申告するように変
 わった。
Q.合格ラインは?
A. 厦大で526点だそう。ただし、自省出身者と他省出身者の割合が決められていて、
 例えば北京から厦大を志望して来る学生は少ない。すると北京出身者の合格ライン
 を低くするという操作をする。反対に福建省出身者が北京大学へ行こうとすると、北
 京出身者より高得点でなければ入れない。大都会の大学を卒業するとその市の戸
 籍を取れる。農村の人にとっては戸籍問題を一挙に解決できるまたとないチャンス。
 だからみんな北京へ行きたがるので。
  復旦の合格ラインも厦大と差不多とのこと。上記のように、出身地別で差を付けて
 いるため、厳密な比較はできない。
 (注)750×0.7=525点
Q試験日と報道は?
A.以前は7月に試験をしていたが、暑いので今は6月6.7,8日に実施している。試験場の
 管理者は空調その他に大変気を使う。市も救急車を待機させる。当日もし遅刻しそう
 になったら、受験票を見せればタクシーはタダで乗せてもらえる。
  報道は1ヶ月も前から始まる。受験予定者をつかまえて、準備はいいかとかインタビ
 ューをする。当日は勿論TV報道される。
Q.大学入試は統一試験一本か?
A. Yes,it is.

 以下、付帯的な情報です。
<進学率>
  福建省の場合、高中卒の40%が本科へ、専科も含めると62%が進学するそうです。
 すると私が「上師大にて」に書いた全国の大学進学率6%という数字は、もうカビが
 生えた古いデータですね。
<奨学金など>
  入学試験の成績優秀で家庭が貧困な場合、所定の書類を提出すれば学費免除
 または貸費制度の適用がある。
<制度の改変>
  統一試験については省ごとの自由裁量の巾が増えて、今年から福建省は単独で
 問題を作成するようになったとのこと。しかし、制度は頻繁に変るので、また来年も
 何かが変るかも知れないと言っていました。

  なお、下記URLは厦門大学の入試案内(中文)です。
  http://www.xmu.edu.cn
TOP  前頁 NEXT